発生中の線虫の卵

Vol. 02 – 2019年夏

表紙はこれ!
カラフルなジェリービーンズ?実は…
これは線虫という土の中にいる体長1mmの虫の卵。細胞の核を蛍光色素で標識して撮影し、画像解析したもの。約350個の細胞で構成されていることが分かります。

ダウンロードPDF(1.8MB)

宇野研究員

老化の研究は、コツコツ

今回は宇野さん。どうやら線虫で老化の研究をしているらしい。なんで線虫なんだろう?そんなことを思いつつ早速ネホリハホリ聞きに行ってきました。

心筋ブリッジ

最近の研究成果

2019年3月から6月のプレスリリース/論文ニュースからご紹介します。
詳細や他の記事はBDRウェブサイトにてお読みいただけます。

クライオ電子顕微鏡 (横浜キャンパス・中央NMR棟)

タンパク質など生体分子の観察に威力を発揮する電子顕微鏡。試料を急速凍結し、自然に近い状態で止めた立体構造を捉えることができます。

くれ理研サイエンすくーる

アウトリーチ活動 2019年3月〜6月

2019年3月〜6月に開催したセミナーやシンポジウム、イベントなどのアウトリーチ活動を紹介します。大阪、神戸、広島のイベントに参加しました。

ミクロとマクロを繋いで新しい生物学を

理研BDRはいろんな研究をしている人がいるんですが、今回の久米さんはその中でも「何やってるのかわからないヒト」なんじゃないかな。なので、何を研究しているのか、ネホリハホリしてきました。

肺の研究は洞窟探検

今回は、ネホリハホリするのは森本充さん。肺の研究者!ということでおなじみですが、そもそもなんで肺なんだろう。肺のなにがおもしろいんだろう。そんなところから聞いてきました。