いきもん タイムズ

いきもん タイムズ

発行:理化学研究所 BDR

PDFで読む(1.8MB)

柏原高校生徒と廣島研究員

AIと細胞

AIと生物を扱って研究をしている人にお話を聞きたいと思い、廣島通夫さんにお話を伺うことにしました。廣島さんは細胞の分子を観察することによって、裏にある現象やメカニズムを探り、分子が細胞応答をどのように調節しているかを研究しています。

自分にとってとっても身近なサイエンス

自分にとってとっても身近なサイエンス

今回は、ネホリハホリ初の女性研究者。どうやら産休から帰ってこられて少し経ったところらしい。自分も含めて男性とはまた違った話が聞けると思うとドキドキ…。

生物学もいろんな専門家のチームワークで

生物学もいろんな専門家のチームワークで

今回は金城さん。インタビュー場所として呼ばれたところは研究室。顕微鏡を作ったりしている、という話は聞いていたものの、入るといきなりむき出しのレーザーやレンズなど…。なんか、いつもとは違う趣…。

cell initialization study

研究成果(2019年7月〜10月)

2019年7月から10月のプレスリリースと論文ニュースからご紹介します。詳細や他の記事はBDRウェブサイトにてお読みいただけます。

MDGRAPE-4A

分子シミュレーション専用スーパーコンピュータ「MDGRAPE-4A」(大阪キャンパス)

コンピュータ内で原子の動きを再現し、タンパク質と薬剤分子の相互作用を解析します。

研究者と記念撮影

卵の研究でドイツand日本!

卵細胞の研究者で海外での研究経験もある森雅志さんに、現在の研究内容と海外での体験談をお話ししていただきました。

workshop at Yokohama open day

アウトリーチ活動(2019年7月〜10月)

施設公開に加えて、高校生のための体験講座など、2019年7月〜10月に開催したアウトリーチ活動を紹介します。

データドリブン・ライフサイエンス

データドリブン・ライフサイエンス

今回は京田 耕司さんにネホリハホリ聞いてきました。今回は、長くて難しいかも…。でも、ここ最近のAIやビッグデータの流れとライフサイエンスを考える上でとても勉強になりましたので、最後までお付き合いいただければ幸いです。

いきもんタイムズvol2題字

いきもんタイムズ

発行:理化学研究所 BDR
HTMLで読む
PDFで読む(1.8MB)