萩原チームリーダーと、5人のチームメンバーが、各国料理のお弁当を広げている

生体模倣システム理研白眉研究チーム

2023年4月にBDRに合流した生体模倣システム理研白眉研究チームのチームリーダー、萩原将也 博士に聞きました。チームの目指すもの、チームメンバーの構成、チームの特徴、チームが求める人材など…

木造の実験棟の中に白い機械が設置してある。機械には木製のはしごがついている。

4K 1GHz NMR装置

横浜キャンパス・西NMR棟

核磁気共鳴現象を利用して分子の構造を調べるNMR装置。液体ヘリウムで-269℃に冷却した超電導マグネットにより、円筒の中心部には23.5テスラという強い静磁場がかけられている。

研究者への道のり〜阿部高也さんの場合〜

小学生ぐらいは、家に居なくて外で遊んでいました。その時は昆虫とか川で魚を採ったり、そんなことばっかりやってましたね。中学生になって、サッカー部に入ってサッカーに夢中になって、サッカーばかりしてましたね。高校で遺伝子改変という技術があるって習って…

インタビューに参加した兵庫県立甲北高校49回生の集合写真

老化の本質に迫る ヒトは若返ることができるのか?

「いつまでも若くいたい」「年をとりたくない」といった気持ちを持ち、「生物の老化や若返り、寿命について聞きたい!」と思いました。そこで「老化」の研究をされている宇野さんに、スキンケアやアンチエイジングといったどこかで耳にしたことに関する素朴な疑問から高校生へのメッセージまで、いろいろお聞きしました。

Vol.15 – 2024年 春

ブロックを穴に通せ? 実は…

これは、細胞の骨組みとなるタンパク質「アクチン」を自在に組み上げる技術の実験例。細胞の膜を模したシート(青)に、100μm2ほどの図形(ピンク)を描くと、その形の通りにアクチン(緑)が組み上がっていきました。

夜の神戸大橋。赤い橋がライトアップされている。

神戸大橋・ポートピア大橋

神戸市中央区

神戸の中心地・三宮と、理研のある人工島ポートアイランドは、二つの大橋と一つの海底トンネルで結ばれている。写真は、ライトアップされた神戸大橋をポートアイランド側から撮影したもの。

木村チームリーダーがモニターに写真を示しながら講義をしている

アウトリーチ活動報告

2023年5月〜8月に開催したセミナーやシンポジウム、イベントなどのアウトリーチ活動を紹介します。 デザインフェスタvol.57に出展しました ◎5月20日(土)~21(日)/東京ビッグサイト 5月20日から21日にかけ […]

研究者への道のり〜田中信行さんの場合〜

三重県出身。子供の頃はそれほど体が強くなかったので、家の中でテレビを観たり本を読んだりして過ごしていました!算数ドリルなど、同じことを繰り返すのが得意ではありませんでした!そのため計算問題を解いていても途中で飽きてしまうような子供でした!

手に眼はつくのか?!人間の新しい能力を学ぼう!

「生き物について不思議だなと思うことがあれば研究者に聞いてみてください」と言われて、わたし達が思いついたのは、人間の腕や指は取れてももう一度生えてくるのかな?人間に翼はつけられるかな?そして、手のひらに目がついたらめちゃくちゃ便利そうじゃない?ということでした。

研究者への道のり〜升本英利さんの場合〜

子供の頃の夢は、明確には無かったのですが、家族が医療関係だったため医療関係には興味がありました。当時は流行っていたファミコンのドラクエに没頭していました。
当時から意外と文系で算数は苦手でした。。。

研究者への道のり〜サフィエ・エスラ・サルペルさんの場合〜

出身はトルコの首都イスタンブール、ケバブやイスラム教の礼拝所のモスクが有名な場所です。子供の頃からインドアで根暗なタイプでした。でも、ゲームが本当に大好きでよく任天堂のゲームをしていました。ずっと家にいてゲームしていたことを覚えています。。。

Vol.14 – 2023年 秋

レーダー上の雨雲? 実は…

これは細胞の核の中で遺伝子を制御しているタンパク質。カメラでは捉えられないほど早く運動しているタンパク質をDNAと結合した瞬間に光らせることで、異なる2つの状態のES細胞の核での遺伝子の挙動を明らかにしようとしています。

星陵高校の建物の前で参加者5人がガッツポーズしている

汗からエネルギーを取り出す!

近年、エネルギーを得る方法に注目が集まっています。中学生の時に自由研究で風力発電について研究したメンバーがいて、環境への負荷なくエネルギーを得る方法について興味を持っていました。微生物(生体)からエネルギーを得ることができることを新聞で知り驚愕していたところ、理化学研究所で人の汗からエネルギーを取り出す研究をしていると聞き、インタビューしました。

建物内に3台のクライオ電子顕微鏡、一番手前の1台は扉が開いて中が見えている

ハイエンド型300kVクライオ電子顕微鏡

横浜キャンパス・中央NMR棟

3台のクライオ電子顕微鏡が立ち並ぶ中央NMR棟。右端は、加速電圧300kVの電子銃を備えた最新鋭のクライオ電子顕微鏡。左隣は解析用PCと試料調製スペース。奥の2室には200kVクライオ電子顕微鏡が入る。

アウトリーチ活動報告

2023年1月〜4月に開催したセミナーやシンポジウム、イベントなどのアウトリーチ活動を紹介します。 第75回山田カンファレンス「Origin of left-right asymmetry in animals」を開催し […]

Vol.13 – 2023年 夏

6枚羽のかざぐるま? 実は…

これは、転写終結因子Rho(ロー)。6量体からなるリング状構造で、RNA(マゼンタ)を通すトンネルを真ん中に作ります。Rhoは転写中の RNAポリメラーゼ(奥の白〜灰色)に取り付くと、このトンネルを使ってRNAを引っ張り出し、適切なタイミングで転写を終結させるのです。

中学生が描いた安全管理の仕事のイラスト。法律に則った実験、危険な実験への注意喚起、定期的な確認が大切なしごと。

安全管理のしごと

あなたは研究所と聞くとどのような仕事を思い浮かべますか。 研究所では全ての人が実験していると考える人もいるかもしれません。しかし、理化学研究所には研究者以外にも影で支えている方たちがいます。そのうちの1人である菊地さんは […]

中学生が鉛筆で描いた電子顕微鏡のイラスト。左側に機械が、右側にモニターがある。

電子顕微鏡で観察してみる

あなたは電子顕微鏡とはどのようなものか知っているだろうか?普段学校などでよく見るのは光学顕微鏡だ。そして、それよりもさらに細かいものを見ることができるのが電子顕微鏡というものだ。観察するものはオスミウムなどの金属でコーテ […]

融合連携イノベーション推進棟 8階からの眺望

神戸キャンパス

人工島ポートアイランドにある理化学研究所 融合連携イノベーション推進棟(RIKEN Integrated Innovation Building, IIB)。最上階の東側から大阪湾の日の出を望むと、埠頭に並ぶガントリークレーンが朝日に浮かび上がった。

文理関係ない! ~高校生に向けた、感覚と勉強の話~

入來篤史 (象徴概念発達研究チーム チームリーダー) (インタビュー当時) ✕  兵庫県立明石高等学校 理数探究類型 1年生 私たちは2年生から始まる課題研究に向けて、知識や思考材料などを増やそうとしています。今回、実際 […]

りけんキッズよこはまの入口。扉が開いている。

りけんキッズ よこはま

横浜キャンパス

理研の敷地内に設けられた職員専用の保育施設。研究職・事務職を問わず常時保育が利用できる。また、学会・シンポジウムなどが理研で開催される際は、一般参加者の一時保育にも対応

長田高校人文数理探究類型9期生のみなさん

夢見る夢への夢の研究

山田陸裕(合成生物学研究チーム 上級研究員) ✕ 兵庫県立長田高校 人文・数理探究類型9期生 私たちは1年生の冬から始まる探究活動に向けて、様々な分野のスペシャリストの方から講義やインタビューを通してお話を伺いながら、探 […]

発生・再生研究棟 7階からの眺望

神戸キャンパスから約18km西の海上、本州(右)と淡路島(左)を結ぶ「明石海峡大橋」(橋長3,911m。吊橋としては世界二位)。橋の手前に見える岬の右側には、古代の神戸港「大輪田泊(おおわだのとまり)」があったとされる。

研究室メンバーの集合写真

栄養応答研究チーム

前任地である東大を離れ、2021年4月に新たに栄養応答研究チームのチームリーダーとして着任した小幡史明先生。ショウジョウバエを用いる研究人生は、細胞死分野で有名な東京大学薬学部の三浦正幸先生の研究室での博士課程から始まり […]

Vol.10-2022年 春

ベビーコーンが生えてきた? 実は・・・
これは、ショウジョウバエの頭部にある嗅感覚毛の電子顕微鏡写真。匂いのもとであるナノメートル(100万分の1ミリ)サイズの匂い分子は、毛の表面にある微細な穴(ナノポア)を通って中の神経を刺激します。一方、マイクロメートル(1000分の1ミリ)サイズの塵(ちり)やウイルス粒子はこの穴を通れず体内に侵入できません。