理研DAY:研究者と話そう

毎月第3日曜日/科学技術館4Fシンラドーム(東京)

理研広報室主催のトークイベント。2018年度はBDRから丹羽節副チームリーダー(分子標的化学研究チーム、5月20日)、隅田有人研究員(同、10月21日)、仲矢由紀子研究員(フィジカルバイオロジー研究チーム、2月17日)が登壇しました。


理研よこはまサイエンスカフェ「生体内の金属元素に迫る・知る・操る!」

1月20日 3331 Arts Chiyoda コミュニティスペース(東京)

秋葉原近くの旧中学校舎を改装した会場で、非天然型アミノ酸技術研究チームの和田章専任研究員が、生い立ちから進行中の研究までを軽妙な語り口で紹介。中・高校生からは、研究者という職業についての質問が多く出ました。

横浜サイエンスカフェで話す研究者


梅花女子大学 クリスマスイブニング2018

12月15日 梅花女子大学(大阪)

梅花女子大学恒例のクリスマスイベントで、UVレジンでオリジナル細胞グッズを作るワークショップを行いました。


海遊館×理研BDRトークイベント「海の大型動物にDNAで迫る」

11月18日 海遊館レクチャーホール(大阪)

BDRと海遊館は学術交流協定を結び、海洋生物の暮らしやライフサイクルの謎に迫る研究を進めています。今回はサメとスナメリをピックアップ。研究者と飼育員それぞれの立場から、コラボ研究の面白さを語りました。


高校教職員のための発生生物学実践講座

9月29日 神戸キャンパス

高校で生物を指導している教員向けに、線虫を用いた実践的な講習会を開催しました。参加者は西田栄介センター長による講義と、関西学院大学の西脇清二教授による実習に、朝から夕方まで集中して取り組んでいました。

高校教員に向けて線虫を使った実習を行う西脇教授


理化学研究所一般公開を開催しました

9月1日横浜 10月27日大阪 11月23日神戸

年に一度、各キャンパスで開催される一般公開で、BDRの研究室もオープンラボや体験型イベントを実施しました。科学を楽しむ親子連れから進路に悩む大学生・大学院生まで、研究者との距離の近いコミュニケーションを楽しみました。

大阪地区一般公開で実験を体験する来場者