毛包幹細胞と神経ネットワーク

Vol. 01 – 2019年 春

表紙はこれ!
青い林の中を通る赤い道? 実は…
これは「触覚」を生み出すための皮ふのヒミツ。毛のもとになる細胞から分泌されるタンパク質が、皮ふと神経ネットワークを正しくつなぐことで、皮ふが力のセンサーとして働くのです。

ダウンロードPDF(6.4MB)

Sunagawa profile

え?冬眠の研究?

記念すべきネホリハホリインタビューの一人目は、冬眠について研究しているという砂川玄志郎さん。冬眠の研究を理研BDRで!?しかも人工冬眠ってなんだ!?わからないことだらけなので、ネホリハホリ聞いてきました。

Hair follicle cells that guide the connections of the neural network

最近の研究成果(2018年4月〜2019年2月)

2018年4月から2019年2月のプレスリリース/論文ニュースからご紹介します。 詳細や他の記事はBDR公式ウェブサイトにてお読みいただけます。

ギャラリーを入り口から見た写真

展示ギャラリー

神戸キャンパス

「ライフサイクル研究」のコンセプトを、細胞標本や模型、映像でご紹介。高校などからの団体見学を中心に活用されています。

神戸キャンパス一般公開の様子

アウトリーチ活動報告(2018年9月〜2019月2月)

セミナーやシンポジウム、イベントなどのアウトリーチ活動を通じて、研究内容やその成果を伝えています。2018年9月~2019年2月の活動を紹介します。

淡路三原高校のみなさんと宮道チームリーダー

脳の働きの真相にせまる

現役高校生が理研の研究者にインタビューするシリーズ。第1回目は兵庫県立淡路三原高等学校・理科系クラス有志の皆さんが宮道和成チームリーダーに脳の神経回路の地図作りについて聞きました。