サイエンスフェアin兵庫

アウトリーチ活動報告(2019年11月〜2020年2月)

2019年11月〜2020年2月に開催したセミナーやシンポジウム、イベントなどのアウトリーチ活動を紹介します。

分子動力学シミュレーションしたタンパク質

Vol. 04 – 2020年 春

表紙はこれ!
創薬専用スパコン「MDGRAPE-4A」でシミュレーションした水溶液中でゆらゆら動く分子のスナップショット。大きな分子はCYPタンパク質とヘム、小さい折れ線は全て水分子。

ダウンロードPDF(6.3MB)

鏡に映る自身の姿を見つめるソメワケササクレヤモリ

最近の研究成果(2019年11月〜2020年2月)

2019年11月から2020年2月のプレスリリースと論文ニュースからご紹介します。

新しいサイエンスのカタチ

今回ネホリハホリすることになったのは実験ロボット「まほろ」を操る神田さん。まほろが実験をしている様子は映像としてはみたことがあるものの、実物はみたことない…。いったいどんな話になるのやら。

柏原高校のみなさんと廣島研究員

AIと細胞

AIと生物を扱って研究をしている人にお話を聞きたいと思い、廣島通夫さんにお話を伺うことにしました。廣島さんは細胞の分子を観察することによって、裏にある現象やメカニズムを探り、分子が細胞応答をどのように調節しているかを研究しています。